1:ID:IkFkSo 2017-05-16

#質問 よくある話しだとは想うのですが、案件が終了間近になって客の要望で一部変更になりました。
既に公開もしてるサイトです。

割とこれまで時間をかけてきた部分で、細かい確認を都度しつつ段階をふんで進めてきましたのでこの時間なんだったのよ…というのと、この要求を飲めば改めてイチから作り直すよな内容で割と時間もかかります。

線引きとして別途見積もりになる旨伝えましたが、予算内でヤれとゴネられて困ってます。ちなみに半額前金で貰ってるのですがあまり予算も無い客で、これを機に更にゴネられたらどうしよう…とそれも不安です。

A 残金はいらないと降りる
B 付き合う
C 本件は無かったことに、とサイトを撤収する(!)


皆さんならどうしますか。

5 件のコメント

2:ID:T4N8k5 2017-05-16
契約書がどうなっているかによる。
契約書がない場合、または契約書はあるが本件について記載がない場合は、Aを主張する。
契約書があり本件について記載がある場合は、それに従う。
3:ID:f8zOXf 2017-05-16
AとCは自分の労働に対する対価が得られないのでやめましょう。予算内でやれるのはここまで、これ以上は追加料金が発生します、と何度も伝え、追加料金が払われた時のみBへ移行しましょう。

残金が払われないことはあまりないと思いますが、その場合は催促し、払われなければしかるべき対応をとるまでです。

経験上このタイプはケチなので、しっかり追加料金を意識させることができればすんなり折れると思います。
4:ID:UvXh52 2017-05-16
価格をさげてまでやらなければならない相手ならしぶしぶやる。
どうでもいいなら最初に提示した追加料金よりさげて交渉する。
5:ID:VrsvnL 2017-05-16
前金ということは納品後に半額払うってことで、それまでの進め方がこっち主体でなかったか再度調査が必要だ。
丁寧にやっても相手がストレス溜めてる場合は此の期に及んでなんで?というような修正をするもんだ。
だって後の半分をこれに払いたくないからそういうんでしょうし。

しかし悪意あるクライアントの場合は何度も直させ作り直させ結局納品しないで終わったりもする。
結局は知的財産なので、いくらでもコピれるわけです。

契約書はどうなっているのかが極めて重要だと思います。

おそらく公開までしてるということで前者でしょう。
ちょっと強引に進めたところがあるような気もします。作り直すって行っても一部改変ということはきっとシステム的なところかなと思いますがそれはありkなとおもいますね。
6:ID: 2017-05-17
皆様ご回答ありがとうございます。個人のフリーランスなのでひとり悶々としておりコメント頂けてとても嬉しく励みに思ってます。

やりとりしてる相手に最終決定権が無かったようでお偉いさんのひと声ぽいです。ツメが甘かったです…

まだ出方は悩んでますが参考にさせて頂きます。
コメントの受付は終了しました。

一緒に読まれているつぶやき

ページ上部に戻る